反省のない自動車事故


私は以前自動車事故にあったことがあります。普通に車を運転していて車を走行中に後ろから追突されました。衝撃があったので背中が翌日心なしか痛かったです。衝突されたその後が面倒でした。警察に連絡をして保険屋に連絡して相手の連絡先を聞いてと普段やったことのないことをやるので、その場を離れた後やり残したことは無かったかと不安な日々を送りました。最善のことをしたと思ってましたが、やはりそうではありませんでした。

保険屋が賠償金や慰謝料を払うにはには人身事故扱いになっている必要がありました。私が事故にあったときにすぐに警察にその現場で実況見分をしてもらえばよかったのですが、事故当日にそれをしなかったがために、実況見分をやるのは警察の事情と追突者の事情で一ヶ月も先になってしまいました。そんなことは知る由もありませんでした。その時期は仕事が忙しかったため、そんな時期に自動車事故で休んだ私は会社を辞めるハメになってしまいました。

自動車事故を起こした側にはなんらかの反省の態度を見せて欲しいものです。それを保険に入ってるから全部チャラにしたりとは納得いきません。それだったら慰謝料などいらないから刑罰を受けて欲しいですね。一番腹が立ったのは追突してきた相手側がこちらに一切の謝罪もせず保険屋にまかせっきりにしたところです。警察も警察でお役所仕事みたいに心情は気にせずにただ書類に現場の状況を書くだけでした。まぁ一日何件も事故を扱えば、サービス業じゃないのでそんなところはお構いなしになってくるんでしょう。